子供を連れて国際線のハワイ!その時の対策って?

子供がまだ小さい時の国際旅行って国内でも不安だけど、ハワイとなると約8時間以上のフライト。不安が募る一方ですよね。耳抜きがでなくてないちゃったり、慣れない環境で夜泣きがもっとひどくなったり。とにかく不安で、もう少し子供が大きくなってから旅行しようという家族も少なくないと思います。今回は娘が1歳になる前に初めて飛行機にのせた体験談を加えながら、情報を伝えていきたいと思います!

:空港での過ごし方!わたしのオススメは大韓航空編!
大韓航空は本当に広いのですごく移動が大変です。ですが、子供にも優しい空港。
大韓航空はすごく子供にオススメです。なぜオススメなのか、お伝えしたいとおもいます。

①子供達が遊ぶプレイヤードが充実!
広い敷地の中に子供たちが遊べる場所がたくさんあります。公園みたいになっているところや、ちょっと最新なグラフィックを使った遊びができるところ。いつもそこに行くと、子供達がワイワイ賑やかに遊んでいます。1歳から遊べそうなプレイヤードや大きな活発な子供も遊べるようなプレイヤードと分かられて設置してあったりもするので、幅広い年齢で楽しむことができます。そこで疲れさせて、飛行機のなかでぐっすり、と策を練ってもいいかもですね。私が一歳にもならない娘を連れて行った時も、大韓航空でプレイヤードで遊ばせてました。フラットなプレイヤードで小さな滑り台などがあり、靴を脱がしてたくさん遊ばせました。

②無料シャワーの完備
大韓航空では、無料のシャワールームが完備しており、すごく綺麗です。プレイヤードで遊んだ後子供は汗びっしょりになると思います。そんなときにサッとシャワーを浴びるといい気持ちですね。タオルやドライヤーもあるので、すごく便利がいいです。赤ちゃんであるある緊急事態にもすごく便利ですね。時間がある際は使用してみてください。

③トイレの数が多い!
わたしはいろんな空港を使用したのですが、大韓航空は特にトイレの数が多い気がします。
10メートルずつにトイレがあるー!って感じです。なので、トイレを探すっていうことがないです。ゲートごとに二つくらいトイレがあるので並ぶこともなく、トイレの中も広いので利用しやすいですね。ファミリートイレももちろん全てのトイレに完備してあるので、便利がいいです。

④クワイエットルームの利用
大韓空港にはフリースペース(パソコンを使ってお仕事などをするスペース)や、休憩がでいるクワイエットルームというスペースがあります。こちらでは、ベッドのようなゆっくり座れるソファーが一人一つずつ準備されており、そこでお昼寝をしっかりしたい、休みたい人がゆっくりリラックスできます。赤ちゃんの利用も可能なので、周りのざわざわしている中で落ち着かない赤ちゃんにはピッタリでしょう。是非利用してみてください。

無料のシャワーやクワイエットルームなどは二階に設置してあり、いくつかのブースに分かれてるので、自分のゲートに一番近いブースを利用すると、急がなくていいですね。

2: 飛行機でのアメニティーとは?
今回はわたしがハワイに行く際によく使う大韓航空の子供用のアメニティーについてご紹介します。何があって、何がないのかを明確にしていきましょう。

①赤ちゃん用のベッドの利用
前の壁に赤ちゃんベットを設置できるようになっており、1歳になっていない赤ちゃんを寝かせられるようになっています。大体の飛行機は赤ちゃんベットが設置できるようになっていると思いますが、事前に確認をすることがマスト!簡単なベットなのですが、囲いもしっかりあり、うちの娘は寝返りができるくらいの広さがありました。すごく助かりました。

②オムツとかはどこで変えられるの?オムツなどは飛行機の中のトイレに台があるので変えることができます。
ビニール袋は持って行っていた方がいいでしょう。

③塗り絵とクレヨン

搭乗するとすぐに配られるのが塗り絵とクレヨン。
子供にはすごく助かりました。ペンギンが大韓航空のメインキャラクターみたいで塗り絵とクイズ、迷路などの遊びができる冊子と三色入ったクレヨンがもらえます。そのほかにも、飛行機の模型を作るものだったりと、そのタイミングによって子供用のアメニティーは違うようです。

③離乳食
機内の中で、大人の食事が始まる前に先に赤ちゃん、子供の料理は配ってくれます。赤ちゃんの離乳食は海外ものが多いので、もし気になる方や、赤ちゃんがこれしか食べない!って方は離乳食は持ち込みが可能なので、持ち込まれてください。ちなみに、わたしの娘は普通に海外の離乳食完食してました笑

3:いざ搭乗!約八時間飛行機の旅へ。そのときにオススメの持参品とは?

そして、ついに8時間のフライト。不安を募らせ、いざ搭乗。
赤ちゃんの夜泣きだったり、子供が飽きてしまってゴネちゃったりとか。
その時の対策ってどうすればいいのー!となっている家族も多いと思います。
そんな時、持参してよかったと思うオススメをお伝えします。

①お気に入りのブランケットやタオル
もちろん赤ちゃん。夜泣きってしますよね。その時に持ってきてよかったなと思ったのが、もし自分の子供にお気に入りのぬいぐるみ、毛布だったりいつも使っているものを持参することをお勧めします。赤ちゃんって包まれると落ち着くようで。私は、娘がお気に入りの毛布があったので、娘をそれでくるんで歩き回っていたのを覚えています。すごく疲れたのを覚えてます。

②iPadなどの電子機器類
是非持っているならiPad。本当にオススメです。たくさんの映画や子供の好きなアニメやゲームをダウンロードして機内に持ち込みます。時間を制限して遊ばせるのですが、すごく助かりました。

③子供用ヘッドフォン
機内で配られるヘッドフォンもあるのですが、大きいです。なのでiPadなどを使用する際に子供用があれば、周りに迷惑をかけずに静かに遊んでくれます。iPadを持っていく予定のあるかたは、子供用のヘッドフォンを購入するいいタイミングになりそうです。飛行機のなかでは音があまり出せないので、周りに迷惑をかけないようにとヘッドフォンを買ったところ、結構役に立ってくれました。集中してiPadにダウンロードしておいた映画やゲームで遊んでくれます。

④キャンディー
子供はなかなか耳抜きができません。それでぐずって泣く子もいます。なので、キャンディーを持っていくことをオススメします。舐めながら唾液を飲み込むというのが自然にできるので、耳栓対策になります。

おまけ 
①赤ちゃんの離乳食のアレルギー等

日本の発券カウンターの場所で、アレルギーなどの質問があると思います。アレルギーがある際は、カウンターの方に伝えるか、離乳食を機内に持ち込むことが特別にできるので、持参してもいいかも。

②必殺!睡眠を助けるキャンディー

子供って興奮するとハイテンションで手がつけられない時もありますよね。そんな時!なかなか眠らない子には、このキャンディーがオススメ!

LUNA KIDS SLEEP AID  1,400円ほど。

キャンディーっぽい薬って感じなのですが、カモミールなどのエキスを使ったオーガニックの物。リラックスさせてくれるとういう感じですね。舐めながらとかしていくようなものなのですが、うちの娘は大好きです。

興奮状態に陥った時、寝るのに苦しんでいる時などに与えてます。飛行機に乗ると興奮状態に入る子や、落ち着かない状態になる子供達が多いです。この薬はすごく助かりました。amazonやハワイだとwholefoods,Down to Earthというサイトで購入もできるので、是非試してみてください。

amazon: https://www.amazon.com/Sensitive-Naturally-Ingredients-Supplement-Chamomile/dp/B00U470TAK

(注意事項:習慣的に飲ませないように!3粒以上1日で摂取しないように!)

寝る前の30分前に、キャンディーみたいに舐めながら摂取してくださいね。

H2 ③ベビーカーは機内持ち込める?

持ち込み不可です。ですが、抱っこ紐などは持ち込み可能なので、赤ちゃんがいる方は絶対持参することをオススメします。歩き回るの覚悟で搭乗しましょう笑

H2 ④座席の指定って?
席なのですが、だいたい前の方に座らせてもらえて、赤ちゃんだと一番前の席に座席をとってもらえます。(予約時に座席指定をするのが一番安心なのですが、チケット発券時にする場合は早めにカウンターに行って発券する際に座席指定をするのがベストです)
H3まとめ

今までたくさん娘と旅行をしてきたのですが、今思うと手遊びのできるようなものが集中力が増し、一時間ほどはずーっと静かに遊んでくれている気がします。手遊びができるようなものは持参した方がいいでしょう。お気に入りのお絵かき帳や塗り絵、ペンはいちをアメニティーで配られるのですが、持参してました。そしてお気に入りのおもちゃも、もちろん娘のバックに入れて持参させてました。

CAさんもすごく積極的にたすけてくれるのが大韓航空のイメージ。
飛行機に初めて娘を連れて乗った際、私の顔相当疲れていたんでしょう。娘を代わりに抱っこしてくれて、ウロウロしてくれて助けてくれたのを覚えています。韓国人の方はすごく子供に優しいイメージがあります。本当に助かりました。

いかがですか?初めてだとますます不安だと思いますが、是非参考にされてください!
楽しい旅行になりますように。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です